JR東日本の「ウィークエンドパス」(土・日きっぷは終了)

JR東日本の「ウィークエンドパス」(土・日きっぷは終了)

2010年3月28日までなら、週末に電車で遠出の旅行をするなら、JR東日本が発行していた「土・日きっぷ」がお得でした。

おとな18,000円、中高生9,000円、こども3,000円で新幹線を含む全ての電車が2日間乗り放題、指定席も4回まで無料という割安感のある切符でした。

しかし、この「土・日きっぷ」は2010年3月28日で終了。

その代わりのお得な切符として登場したのが、JR東日本が発行する「ウィークエンドパス」です。

ウィークエンドパスとは、フリーエリア内のJR線のほか、伊豆急行線全線、北越急行線全線、会津鉄道線(西若松〜会津田島間)の普通列車(快速含む)普通車自由席が乗り降り自由のきっぷです。

「土・日きっぷ」と違って新幹線は含まれていませんが、その分、料金が安くなっています。

ウィークエンドパスの特徴

・料金は大人8,500円、こども2,500円の2つ。

・発売期間は2010年3月29日(月)〜2010年9月25日(土)。

・利用期間は2010年3月29日(月)〜2010年9月26日(日)の土休日および9月24日。

・休日でも利用できない期間は、「ゴールデンウィークの4月27日〜5月6日」と「お盆の8月11日〜8月20日」。

・有効期間は、連続する2日間。

・発売場所はJR東日本の駅のみどりの窓口、びゅうプラザ、提携販売センター、営業販売センター及び主な旅行会社など。

・別途で特急券を買えば、新幹線(東海道新幹線を除く)と特急列車等を利用できる。

ウィークエンドパスが使えるフリーエリア

ウィークエンドパスが使えるフリーエリアは以下の通りです。

100405_1.gif

JR東日本:おトクなきっぷ


DVD・CDのネット宅配レンタル ネットで借りて自宅に届くネット宅配レンタル

神奈川の薬局 薬剤師の転職